PR

Archives

January 2016

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

慢性的な肌荒れ,アトピーに悩む方へ、糖質制限の勧め。 追記

 

 

ニキビ・肌荒れ・吹き出物を頻繁に繰り返してしまう肌トラブルを抱えてしまう人へ

 

今では吹き出物のない綺麗な肌状態になれた私ですが、幼少の頃はアトピーに悩み、思春期からニキビには約20年以上も悩まされ続け肌の凸凹状態を改善するために、

医者や様々なセラピーや肌に良いと言われるものなら知らないものは無いほど色々なことを試しては効果が見られず、

長い間苦しんでおりました。

 

 

そんな慢性肌荒れに悩んだ私が改善に至るまでの経験をもとにアドバイスさせていただこうと思いますのでよかったら参考にしてみてください。

 

まず、繰り返してしまう慢性的なニキビ・肌荒れ・吹き出物の多くは「体質」に問題があります。

 

一時的なニキビや肌荒れの場合は、化粧の洗い残しや肌にあっていないスキンケア用品、髪の刺激なども原因として考えられるわけですが、慢性的なニキビ・吹き出物となるとこれは十中八九「生活習慣」に問題があり、それが体質をつくり、肌の状態に影響していると考えられます。

 

そのためニキビ用の基礎化粧品を使おうが、美容外科や皮膚科に行って抗生物質を飲んだり、注射やピーリングやレーザーやダーマローラーなどを行って殺菌する薬を塗ったりしてもその場しのぎにすぎず、 しばらくするとまた繰り返してしまうことになります。ですよね?

 

 

繰り返す慢性的なニキビを治すためには体質改善が必要です。

 

そして体質改善で一番重要になるのは「食」です。

 

人間の体は食べているもので作られるわけですし、

毎日何を食べているか?で腸の状態が決まり、腸の状態によって血液の状態が決まり、血液の状態によって皮膚の状態が決まるからです。

 

 

理想はできるだけ食事から必要な栄養素を摂取することです。

栄養素だけみればサプリメントや野菜ジュースから摂取するのも一緒だと思ってしまいがちですが、吸収率が違うのです。

 

世の中に出回るサプリメントのほとんどが胃酸で分解されてしまい腸まで行き届く栄養はほんの微量、わずかなものです。

食事から摂取した栄養素はゆっくり消化吸収されていくのでムダがありません。

 

しかし、サプリメントなどから栄養素を塊として摂取すると、そのほとんどが吸収できずに排出されるんです。

当サロンにございます和植物発酵食品は、腸で吸収しやすいように、焙煎発酵し低分子化した大豆や天然の植物、野菜のみでできておりますので

是非、積極的に摂られることをお勧めいたします。

 

 

そして、

食事は不足している栄養素を補うのではなく摂り過ぎている糖質を減らすことが大切です。

 

ニキビや肌荒れに対してはビタミンB群が効果的といわれますが、(当サロンでお取り扱いしております和植物発酵食品はビタミンB群が豊富に含まれているのですが、、)

ビタミンB群を摂取する以上に気をつけたいのは糖質を控えるということです。

 

これは、すべての人には当てはまりませんが、あくまでも、慢性肌荒れに悩む方への手段です。

 

 

現代人は炭水化物過剰といわれていますが、 たくさん炭水化物を取ればそれだけ体内で糖質に変換されるときにビタミンが消費されるので、肌のためにビタミンが使われなくなってしまいます。

 

実際に、ダイエット目的で糖質制限食をはじめたところニキビ・肌荒れが治ったという人もいるぐらいですからビタミンや食物繊維などニキビを改善するために摂取するよう勧められる栄養素以上に「糖質を減らす」ことのほうが食事では大切だと思います。

 

 

肌荒れを治すために、具体的にどんな栄養が不足するとマズイのかというと、

● ビタミンA
● ビタミンB1
● ビタミンB2
● ビタミンB6
● ビタミンE

それからミネラルなども不足してしまうと、皮脂の分泌が促進されたり、肌の免疫力が落ちてしまったり、活性酸素に対する抵抗力が落ちてしまいます。

糖質(炭水化物)の摂りすぎが肌荒れの原因になるのです。

 

 

米飯やラーメン、焼きそば、うどん、パスタといった麺類、パン、イモ類など、炭水化物を多く含む食品はたくさんあるわけですが、こうした淡水化物(=糖質)の取りすぎはニキビの原因になります。

というのも、糖質を体内で分解するときに、大量のビタミンB群やミネラルが必要となるため、糖質を摂りすぎてしまうことはビタミンB群やミネラルの不足を招いてしまうからなのです。

 

ビタミンB2・B6といった成分は、脂質の代謝を促したり、皮脂の分泌を抑制してくれるわけですが、それが不足してしまうということは、つまり、ニキビや肌荒れの原因になってしまうということです。

 

 

最近ダイエットとしても人気の糖質制限食は、糖質の摂取量を減らすわけですから、ニキビにも実は効果があるということです。もちろん、糖質を摂りすぎてしまったとしても、ビタミンB群を一緒に、あるいは後で摂れば大丈夫です。

甘いものに脂っこいものは皮脂の分泌を増加させてしまいますし、腸内環境を悪化させてしまいます。腸内環境が悪化すれば当然、めぐりめぐってニキビの原因になってしまいます。

必要な栄養素の不足だけでなく、特定の栄養素が過剰になるというのも「偏食」の問題になるわけですが、ほとんどの人が意識していないのが糖質を摂りすぎているということだと思います。

ちょっと、1粒のチョコレートくらい、、とか、甘さ控えめだからいいかなと気を許した和菓子、洋菓子、無意識に飲んでいる甘い飲み物、砂糖が使われているお食事、

無意識に摂っている砂糖があなたのお肌を蝕んでいるのです。

  

 

どんなに甘いものをとってもお肌が綺麗な人がいますがその人たちとあなたは別体質です。

 

ですが、あまり神経質になりすぎるのもストレスになります。

これからできる範囲で糖質制限してみてください。

 

 


可能な限り、控えてください。もしくは、しばらくの間摂取しないことです。私は今でも砂糖は控えております。

砂糖

お菓子全般、飴(料理に含まれる水飴やのど飴なども全て)、ケーキ、和菓子、洋菓子、ドライフルーツ類

小麦粉が含まれるもの全て(パン、麺類)、

糖入り飲料すべて、(ゼロカロリーのものも極力)

果物ジュース、果物(糖度の高いバナナやいちごは特に)、

、ビール、日本酒、
ソース、ケチャップ、みりん、

コーン、じゃがいも、サツマイモ、サトイモ他芋類全般

牛乳

 

 

積極的に摂るべきもの


牛肉、豚肉、鶏肉、卵、魚、大豆、大豆食品、こんにゃく、小麦胚芽、小麦ふすま、
 芋類以外の野菜、キノコ類、海藻等、アマニ油、エゴマ油
 

お肉以外和の成分と似ていますね^^

  

 

甘みが欲しい場合他のもので代用することができます。→希少糖、羅漢果、アガペシロップなど

パンなどの場合、低糖質の大豆粉や小麦ふすまパンなどで代用することをお勧めいたします。

 

 

 

また、肌の改善は生活のリズムが重要です。

夜更かしは特に肌荒れの原因になります。

基本1時までには就寝しましょう。